猫准の お勉強部屋 。。

あちこちから拾ってきた勉強用豆知識 。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便秘時の看護

便秘の為に心身ともに苦痛である

●便秘が早期に解消され良好な排便のコントロールが行なえる

O-1.便秘の種類
a.機能性便秘;単純性、習慣性
b.器質性便秘;腸管通過障害、大腸の形態異常
c.症候性便秘;循環器疾患、内分泌、代謝疾患、薬物

2.排便状態
a.便の性状;硬さ、太さ、色、臭気;量
b.排便の回数
c.便意の有無
d.排便時の状態 ; 怒責の状態、姿勢、疼痛、出血の有無
e.随伴症状の有無 ;腹部膨隆、嘔気、嘔吐、腹痛

3.肛門部の清潔状態及び異常の有無

4.精神的動揺の有無、原因

5.水分摂取量(*1)

6.食事摂取量及び食事の内容

7.運動量

8.腹部の状態;腹鳴、排ガス、腸ぜん動

9.器質性、症候性便秘を伴う疾患の有無;
         直腸指診、直腸鏡 腹部単純X-P、注腸造影、大腸ファイバースコープ等結果

10.健康時の排便習慣;排便間隔、排便時刻、排便に要する時間
便の性状、便秘の経験の有無、便秘時の状態、随伴症状

11.精神的ストレス;患者の状態、ストレスの原因


T-1.排便時の環境調整
a.入院による環境の変化に早く対応できるように援助する
b.落ち着いて排便できる環境をつくる(*2)
c.トイレを急がせない
d.便器使用の場合;
          カーテンやスクリーンによりプライバシーの保持に努める、
          換気に気を配る、便器挿入時はゆったりとした態度で行なう、
          患者にあった便器を選択

2.臥床患者に対して腹部のマッサージ(*3)や 体位交換を行なう

3.不安、焦り、哀しみ、悩みなどの精神的動揺を引き起こしている原因について
       理解し、除外する

4.気分転換をはかる工夫を行なう

5.肛門部の清潔保持;清拭、座浴等により清潔と循環促進

6.薬剤の使用;医師の指示により使用薬剤を選択し、効果観察

7.摘便;肛門指診により便の位置や硬さを確認する

8.医師と相談のうえ量を決定する


E-1.排便習慣の指導;排便のメカニズムを簡単に説明し、
        毎日排便を試みるよう指導する

2.許可されている範囲内での運動;散歩や軽い体操

3.食事指導;
        痙攣性便秘の場合は原則として刺激の少ない消化のよい食事、
        弛緩性便秘の場合は繊維の多い野菜や果物(*4)
  栄養士と相談し病院で可能なものについては食事に加える

4.マッサージ指導(*4);患者にマッサージの方法を指導する

5.緩下剤の使用指導

6.臥床時;便意があったら遠慮せずに看護婦を呼ぶよう指導



参考 :

*1 経口的な水分摂取を促す :

   経口的な水分摂取は
   上部消化管から大腸への促進反射によると考えられる即時的効果のほかに
   便の軟化や排便頻度の増大をもたらすので
   便秘傾向の人がコップ一杯程度の水を食前に飲水する事は
   排便の促進に効果がある

*2 排便を我慢させない

   直腸が便に達し、直腸内圧が高まることにより
   直腸収縮が起こって排便させる反射をも消失させるため
   便意を感じたら排便するように指導や援助をする

*3 食物繊維を摂取させる

   食物繊維は腸内容の腸管輸送時間の短縮
   排便量と排便回数の増加などの効果があり
   便秘解消、予防のために食事療法として
   適量の食物繊維をとることが良いとされている

*4 腹部マッサージを行う
    上向結腸から横行結腸、下行結腸に向かって
    ゆっくりとしたリズムで「の」の字マッサージを5分間程度行うと
    腸管へ直接的刺激を与えるので
    腸音が著しく亢進するといわれている
スポンサーサイト

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://necojun.blog56.fc2.com/tb.php/4-94fb75d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。